書評・最新書評

考える練習 [著]保坂和志

[評者]

[掲載]2013年05月19日

[ジャンル]人文

表紙画像

 消費税増税、TPP、原発ほか現代は賛否に迷う問題に満ちていて、「どうすれば自分の頭で考えることができるのか」と思った若い編集者が、作家に「考える方法」を教えてもらいたいと、12回にわたって講義を受けた。作家のスタンスは、そもそも「わかる」のは目的ではない、公式をいくら覚えてもだめ、公式を自分で立てられなくては、と、「わかろうとする」営為からどんどん遠ざかる。その遠ざかること自体が「考える」そのものでもあるのだが。
 政治、経済、文学、スポーツ……話題は人生観のひだにも及ぶ。タイトルは「ハウツー」的だが、親切な保坂さんの講義はその土台から掘り起こす。編集者の狙いもそこにあるのだ。
    ◇
 大和書房・1680円

関連記事

ページトップへ戻る