立身出世と下半身―男子学生の性的身体の管理の歴史 [著]澁谷知美

[評者]三浦しをん(作家)  [掲載]2013年06月09日   [ジャンル]社会 

■「性的充溢=男らしさ」の矛盾

 「1890〜1940年代において、男子学生の性的身体は、教育者や医者らによって、どのように管理されたのか」を、資料分析や当事者へのアンケートを通して論考した本。
 男子学生たちは、「性的なことにかまけている場合ではない」と有形無形の圧力を受けてきた。なぜかまけてはいけないかというと、勉学がおろそかになり、国家に有用な人材に育たないからだ。恋や性的行いは、立身出世を果たしてから思う存分すればいいのである。
 そんな無茶(むちゃ)な。しかし大人は(女遊びしている自身を棚に上げ)、「花柳界に足を踏み入れるな」「自慰をするな」と学生たちに要求する。しまいには、高等学校などの入試において、身体測定とともに性病検査(通称「M検」)が行われる。全裸の男子学生の性器に、医者などがじかに触れて、性病にかかっていないかチェックするのだ。余計なお世話感満載!
 M検体験者へのアンケート結果、当時の受験雑誌に寄せられたM検への不安の声や性的な悩み相談が非常に興味深い。著者の丁寧な分析によって、「男らしさ」という幻想(と言っていいだろう)のもと、無視され抑圧されつづけてきた、男性の(というか人間の)繊細で言語化できない領域の存在が浮かびあがる。
 性的エネルギーの充溢(じゅういつ)は「男らしい」こととされるのに、学生に対してのみは、その「男らしさ」を封印するよう要求する。男性の性的身体は、常に矛盾にさらされてきた。本書は、その事実を明らかにした労作だ。「性的充溢=男らしさ」という幻想を都合よく押しつけられ、野獣めいた性欲あふれる生き物であるかのように扱われることに(例:「男はストレスを性的行為で解消する必要がある」といった無礼千万な言説)、男性はそろそろ「否!」の声を上げていいころだ。その際の理論武装にも最適な一冊。
    ◇
 洛北出版・2730円/しぶや・ともみ 72年生まれ。東京経済大准教授(教育社会学、社会学)。『日本の童貞』など。

この記事に関する関連書籍


三浦しをん(作家)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ