書評・最新書評

アイドルのいる暮らし [著]岡田康宏

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)

[掲載]2013年06月16日

[ジャンル]アート・ファッション・芸能

表紙画像

■「大人の娯楽」を楽しむ10人

 アイドルが好きと公言する大人が増えた。現実の異性と縁がない人がハマるというイメージは、既に過去のものだ。
 20代から50代まで、既婚、子持ち、バツイチも含めた、普通の大人であり、筋金入りのファンでもある男性9人女性1人。彼らのロングインタビューからわかるのは、アイドルがまるで競馬やサーフィンのような普通のレジャー、大人の娯楽のひとつとして定着しつつあるということ。
 楽しみ方は実に多様だ。ライブコンサートも人気次第で巨大なものから路上のものまである。まだメジャーになりきらないアイドルならば、握手どころか実際に話し、顔を覚えてもらえる。ファン同士の交流で友達もできる。
 面白いことに、楽しさは文面からはちきれそうなくらい伝わってくるのに、アイドルの何が好きなのかを語られても、わかるようでいて、やっぱりよくわからないのだった。それが娯楽というものなのかもしれない。ともあれ皆さん楽しそうで、じつに羨(うらや)ましい。
    ◇
 ポット出版・1575円



関連記事

ページトップへ戻る