書評・最新書評

ナショナリズムの誘惑 [著]木村元彦・園子温・安田浩一

[評者]

[掲載]2013年07月14日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝 国際

表紙画像

 かつて旧ユーゴの民族紛争を取材した木村、日本と中国の青年たちが殺し合う映画を18年前につくっていた園、在日コリアンへのヘイトスピーチデモを行う集団を取材する安田。日本社会は、安易な排外ナショナリズムに覆われようとしていないか。3人の語り合いと各人のフィールドで、排外主義が立ち上がってくるのはなぜかを解こうとする。旧ユーゴでのすさまじい「民族浄化」と、聞くに堪えないヘイトスピーチとは、決して断絶してはいない。政治家のパフォーマンスの道具にされた「尖閣」、「奪われたものを取り返す」と、同じような主張をする日中韓のネット右翼たち。何が、何のために隣人への憎しみをあおるのか。
    ◇
 ころから・1470円

関連記事

ページトップへ戻る