書評・最新書評

白い人びと―ほか短篇とエッセー [著]フランシス・バーネット

[評者]小野正嗣(作家・明治学院大学准教授)

[掲載]2013年07月14日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■死は虚無ではなく目覚めなのだ

 子供に大人には見えないものが見えるのは、生まれる前の、だからまだ生が死と未分化な状態の記憶が残っているからなのか。表題作「白い人びと」の主人公イゾベルは、小さな子供さながら死を現実的に想像できない。
 スコットランドの辺鄙(へんぴ)な古城に暮らす彼女は、幼いころから折々目にしてきた〈白い人びと〉が周囲の者には見えていないことに気づく。作家ヘクターと結ばれ、〈白い人びと〉と初めて出会ったヒースの茂る丘の中腹を愛する夫と歩くとき、イゾベルは不意に、圧倒的な歓喜と美に光輝く「何ものにも捉われない自在さ」の感覚に包まれる。
 死とは恐ろしい虚無ではなく目覚めなのだと悟るイゾベルには、児童文学の名作『小公女』や『小公子』の作者として知られるバーネットの死生観が反映されているのだろう。生と死がたがいを否定しない本書の世界においては、鳥も麦粒も庭の草花もみな等しく美しい魂を持ち、人の魂と親しげに交流する。
    ◇
 中村妙子訳、みすず書房・2940円

関連記事

ページトップへ戻る