書評・最新書評

『平家物語』の再誕 創られた国民叙事詩 [著]大津雄一

[評者] 田中優子(法政大学教授)

[掲載]2013年09月22日

[ジャンル]歴史

表紙画像

■平清盛は「英雄」ではなかった

 『平家物語』が叙事詩であり平清盛は英雄として描かれているという評価は大学生のころに読んだ。しかし日本には「叙事詩」はなく、英雄という概念もない。『平家物語』には日本の武士道が描かれているという評価もあったが、武士道という概念は中世には無い。いずれも明治以降の欧米化にともなって、西欧文学・文化の基準を日本文学に当てはめた評価だったのである。
 日本の文学や文化を研究する者は常に時代の言葉に巻き込まれる。注意深く言葉を使わねばならない。もっとも気をつけるべきなのは、伝統が政治に利用される場面だ。武士道は国体と合体して、あたかも伝統であるかのように振る舞った。『平家物語』も国民道徳、国民精神を研究する資料とされたことがあって、皇国文学とか国民文学と呼ばれた。それが蘇(よみがえ)らないとも限らない。著者が言うように、日本の特殊性を語るためにではなく、人類の普遍的な課題を語るための方法こそ、模索されねばならないのだ。
    ◇
 NHKブックス・1050円

関連記事

ページトップへ戻る