書評・最新書評

女たちのサバイバル作戦 [著]上野千鶴子

[評者]

[掲載]2013年10月13日

[ジャンル]社会

表紙画像

 ネオリベ(新自由主義)とナショナリズムは仲良しだが、意外なことに「男女共同参画」政策とも親和性が高い。なぜなら女性にも労働市場に参入してほしいから。ただし働くなら男性なみに長時間、バリバリと。でなければ安価でいつでも首を切れる調整弁として。ネオリベは既得権益を持つ集団(男性)と持たない集団(女性)の双方に亀裂を入れ、勝ち組の男・女、負け組の男・女を作り出した。いまや若年層では男女ともに約5割が非正規雇用という。団塊世代でついに「高齢者」となった著者がネオリベ改革の30年を振り返り、女性に何をもたらしたか、雇用と労働を中心に論じる。「サバイバル」という言葉が30年前より切実な響きを持つ。
    ◇
 文春新書・840円



関連記事

ページトップへ戻る