書評・最新書評

すっぽん心中 [著]戌井昭人

[評者]

[掲載]2013年10月20日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 ひどいむち打ちで首が横を向いたままの男、田野。小便をするとき、体は便器に、顔は壁に向ける。とまじめにつづる冒頭からおかしくてたまらない。
 田野は、上野でモモという少女に出会う。2人は偶然見かけたグルメ番組ですっぽん料理の高額さに浮かれ、霞ケ浦まですっぽんを捕りにゆく。淡々としたおかしみが急展開するのは、すっぽん生け捕り後。田野は指をかまれて流血、それを見たモモは、感情の見えない少女から急変、まがまがしい凶暴さを見せる。
 殺人事件に執着する「植木鉢」、鳩(はと)に執着する「鳩居野郎」を収録。いずれも日常と地続きの狂気を笑いに包む。力のぬけ具合がいい。
    ◇
 新潮社・1470円




関連記事

ページトップへ戻る