書評・最新書評

石田千作文集 きつねの遠足 [著]石田千

[評者]

[掲載]2013年11月03日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 45年の人生の、さまざまな場面で出合った人や本、何げない情景に対する思いが、67編の短い文章でつづられている。エッセー集ではなく、あえて作文集と名づけた。
 「選句の神殿」がおもしろい。「朝日俳壇」の選句会に朝9時から夕方4時すぎまで同席し、4人の選者が約6千通のはがきのなかからそれぞれ10句ずつ選びだす様子が、生き生きと描かれる。「いい句は、飛び込んでくる感じがするの」と稲畑汀子さん。「教えてやろうという選句もあるが、押しつけがましくいうひとは、だめだね」と金子兜太さん。選者のしぐさや句作の信条などが、みごとに切りとられている。石田千の目と耳は、やっぱりすごい。
    ◇
 幻戯書房・2310円



関連記事

ページトップへ戻る