書評・最新書評

戸越銀座でつかまえて [著]星野博美

[評者]

[掲載]2013年11月03日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 「戸越銀座」とは、東京都品川区にある商店街。著者のふるさとであり、下町の雰囲気がある。地元を離れて約20年ぶりに実家に戻り、「再デビュー」したふるさと……。故郷に暮らしながら大都会での生活をしたい著者は、かつて香港や中国で暮らした時のように、緊張感を持とうと心がけるが、その意識と、どこかゆるい「戸越」がずれてトホホな脱力を誘ったり、かと思うと妙に共振して意気盛んになったり。日々は発見と驚きの連続。日常と冒険が地続きにある著者ならではの新鮮なまなざしが、よく知ったはずのふるさとと、自分をも洗い直す。「自由」であろうとする著者の闘いは、両親と暮らしていても真剣なのだ。
    ◇
 朝日新聞出版・1575円



関連記事

ページトップへ戻る