書評・最新書評

イン・ザ・ヘブン [著]新井素子

[評者]川端裕人(作家)

[掲載]2013年12月22日

[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

表紙画像

■どこか軽妙な人類滅亡の物語

 いずれは訪れる個々人の死や人類の終焉(しゅうえん)を主題にした作品からなる短編集。と紹介すると非常に重たいが、36年前、高校生作家としてデビューした頃と同様、筆致は軽妙。
 星新一の有名ショートショートを意識した「ノックの音が」は、殺人的ウイルスの保有者が隔離される施設の外側で、さらに致死性の高いウイルス兵器が使用され人類が滅亡に瀕(ひん)するというダークな状況。語り手のウイルス保有者は、外界からの食糧供給がなくなり飢え死にする直前で、外の世界からの「ノックの音」を聞く。
 「あけみちゃん」では、どこか邪悪な「神様」が保育園児を利用して世界を破滅させようとする。
 救いのなさげな設定の中で、「一般市民を、なめるんじゃねえっ。神様が何を思おうが、神様を名乗る何かが何を思おうが、んなこと、知ったことじゃ、ないんです」とタンカを切る。そういう作品が生まれるこの世界は、捨てたもんじゃない。
     ◇
 新潮社・1575円

関連記事

ページトップへ戻る