書評・最新書評

中村勘三郎 最期の131日―哲明さんと生きて [著]波野好江

[評者]

[掲載]2014年01月12日

[ジャンル]人文

表紙画像

 歌舞伎役者としてはまさにこれから、という57歳で十八世勘三郎が亡くなったのは一昨年の暮れ近く。なぜ、急に、と誰もが驚いた。最期をみとった妻が、夫の闘病の日々を細部まで、思いを込めて描き出す。
 その2年前から、「うつ病」と診断されたり、激しい耳鳴りに悩まされたり。それを乗り越えた後に「食道がん」の診断。手術後、肺に致命的な症状が起き、転院また転院。苦しい中で芝居のせりふや踊りのしぐさを見せ、医師も驚く生命力で最後まで生きる望みを失わなかった。夫が患者であってもサービス精神を忘れないプロの役者なら、妻も「職業は十八代目中村勘三郎の妻」。プロとプロが手を携えて病魔と闘った記録である。
    ◇
 集英社・1470円

関連記事

ページトップへ戻る