書評・最新書評

平和を考えるための100冊+α [編]日本平和学会

[評者]

[掲載]2014年02月16日

[ジャンル]人文 社会

表紙画像

 隣国との関係がこじれ、集団的自衛権や憲法改正の議論が続く今、「過去の経験を共有する」足場をつくろう、というブックガイド。日本平和学会の創立40年を機に、様々な分野の研究者85人が書いた。
 カントやアーレント、ガルトゥングを始め、大岡昇平、大江健三郎、小田実、坂本義和、鶴見良行らの作品を今の視点で読み直した。イリッチ『エネルギーと公正』のように新たな意味が生じた本もある。「政治的リアリズム」による平和を追求したモーゲンソー『国際政治』の篠田英朗評と、文明による災禍の中で「小さな命の鼓動に耳を傾ける」と書く栗原彬のコラム「『3.11』を考える」からは、平和研究の幅が感じられる。
    ◇
 法律文化社・2100円



関連記事

ページトップへ戻る