書評・最新書評

科学VS.キリスト教―世界史の転換 [著]岡崎勝世

[評者]水野和夫(日本大学教授・経済学)

[掲載]2014年02月16日

[ジャンル]人文 科学・生物 新書

表紙画像

■真実追究に命賭けたロマン

 既存の価値観を変える意識革命は一人の天才によってなし遂げられるものではない。本書は17世紀の「科学革命」から「博物学の世紀」(18世紀)に至るまで、多くの天才がいかにして「世界(宇宙を含む)」「人間」「時間」の観念を変革し、キリスト教的普遍史を打破していったか、その格闘の物語である。
 ガリレオも信じていた「閉じた宇宙」(コスモス)をデカルトが崩壊させ、「無限の宇宙」へと変えた。ビュフォンはニュートンの絶対的時間を人類史に持ち込み、「人類史6千年」を否定した。リンネは、長く神と自然の「中間の環(わ)」だった人間を、自然界の一員に「降格」させた。
 18世紀末には、今の科学者からは異界の住民に見えるガッテラーとシュレーツァーが「普遍史」を「世界史」へと変換させた。聖書が与えた時間以上に生きたアダムも「科学革命」に「緩慢なる死」を看取(みと)られたのである。本書は真実追究に命を賭けた科学者のロマンが香り高く漂う。
    ◇
 講談社現代新書・893円



関連記事

ページトップへ戻る