書評・最新書評

父の戒名をつけてみました [著]朝山実

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)

[掲載]2014年02月16日

[ジャンル]人文

表紙画像

■周辺事情もぬかりなく調査を

 現代の日本人はどう葬送されるのがいいのか。熱心な仏教徒である場合を除き、多くの人がお寺に払う葬儀費用を「妥当」とは思っていない。かといってその場で強く主張できるほどの知識も興味もないし、揉(も)め事は避けたい。心の底では納得しないまま、葬儀社や檀那寺(だんなでら)にいわれるままに段取りを決め、支払う。周囲でもよく聞く話だ。
 島田裕巳『戒名は、自分で決める』を読んだ著者は、父親の死に際して自分で戒名をつけると檀那寺の住職に宣言。住職は激怒。揉め事は葬儀だけでなく法事や墓地に広がり、さらに親族間の遺産相続問題まで勃発する。
 著者の体験以外に、後半には葬儀関係者や戸籍名を戒名にした体験者などを取材。
 一番意外だったのは、戒名料の相場が宗派によって、違うこと。一般人がつけることに寛大な宗派もある。戒名を自分でつけたいならば、本人の意向だけでなく周辺事情もぬかりなく調査した上で、決行すべしということか。
    ◇
 中央公論新社・1575円



関連記事

ページトップへ戻る