書評・最新書評

教誨師 [著]堀川惠子

[評者]

[掲載]2014年03月16日

[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝

表紙画像

 教誨(きょうかい)とは受刑者をさとし善導すること。死刑囚の教誨師は死にゆく人と交流し、死刑執行に立ち会う過酷な任務を担う。中の事象を語ることは禁じられ、近年その発言は世に出ていない。永山則夫裁判を追ってきた著者は、浄土真宗の僧侶でもある老教誨師の信頼を得、「自分の死後に出版」という条件で聞き取りを進めた。本書に登場する死刑囚たちは皆、生々しい存在感を放つ。母への思いを最期まで叫ぶ者、教誨師の一言に深く傷つく者……。「ホテル日本閣事件」の女性死刑囚小林カウは、執行時に「もう2、3日、待って」と訴えた。老師が一時期酒に溺れたとの告白は、死刑という制度の割り切れなさ、罪と罰の実相の捉え難さに触れている。
    ◇
 講談社・1785円


関連記事

ページトップへ戻る