書評・最新書評

性の悩み、セックスで解決します。 [著]シェリル・T・コーエン−グリーン他

[評者]

[掲載]2014年04月13日

[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝

表紙画像


 昨年末公開された米映画「セッションズ」の原作。著者は、さまざまな性不全の克服を手助けする女性性治療士で、30年以上にわたり900人を超える相談者とセックスしてきた。本書は彼女の個人的な回想録ではあるのだが、1960〜70年代の性解放運動や80年代のエイズの発生が、著者だけでなく社会全体のセックス観を大きくゆさぶったことが透けて見える。性行為は今や本能や自然や個人の心身の領域にとどまらず、コミュニケーション論や人権問題、宗教・政治意識といった文脈の中に大きく入り込んでいる。セックスしようとする者はパートナーだけでなく、まとわりつく社会性とも向き合わなくてはならないのだ。
    ◇
 (柿沼瑛子訳、イースト・プレス・2376円)


関連記事

ページトップへ戻る