書評・最新書評

わが恋せし女優たち [著]逢坂剛・川本三郎

[評者]エンタメ

[掲載]2014年04月20日

[ジャンル]アート・ファッション・芸能

表紙画像


 サスペンス映画や西部劇に関する共著もある2人が、ごひいきの映画女優について語り合う。総勢276人。逢坂氏所蔵のブロマイドやスチール写真で紹介されるのは、彫りが深くて目元ぱっちりの美女、美女、美女。ヤマザキマリ氏言うところの我ら「平たい顔族」と遠く隔たった容姿に息をのむ。
 とはいえ、とりわけ愛情をもって語られるのは、オードリーはオードリーでもヘプバーンではなく「拳銃の町」のロングだったり「罠(わな)」のトッターだったり。知名度は低くても美しい残像を刻んだ女優たちに寄せられた「私にも少し付き合えそう」「品のいい、そのくせちょっと色っぽい」といった寸評から、女性読者も男心のツボが学べる、かも。(七つ森書館・1944円)



関連記事

ページトップへ戻る