書評・最新書評

死刑のための殺人―土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録 [著]読売新聞水戸支局取材班

[評者]

[掲載]2014年05月11日

[ジャンル]社会

表紙画像

 2008年3月、「死刑になりたい」と茨城県のJR荒川沖駅などで9人を殺傷し、13年2月に29歳で死刑執行された金川真大。小林泰明記者ら取材班は金川と37回も面会し、「誰でもよかった」「人を殺すことは蚊を殺すことと同じ」とうそぶき、共感も罪の意識をも拒絶する「見えない魂」の謎に迫ろうとする。一つの鍵は本書で「砂漠」と評された家族間の意思疎通のまずさ、情愛表現のとぼしさだ。上の妹は同居している母と筆談でしか話さない。それを不審に思わない父は公判で「死刑にすべき」と繰り返す。下の妹や弟も「迷惑だ」「関心はない」。後輩との面談に動揺し涙ぐむ金川を見た著者の「可哀想に」の思いがやるせない。
    ◇
 新潮社・1404円



関連記事

ページトップへ戻る