書評・最新書評

尼のような子 [著]少年アヤ

[評者]内澤旬子(文筆家・イラストレーター)

[掲載]2014年05月18日

[ジャンル]文芸

表紙画像

■残酷な客観視に光る美しい隠喩

 ブログで人気を博した著者の初単行本。身体は男であるけれど、自我は男でもなく女でもなく、可愛くて綺麗(きれい)なものが大好きなのに、自分の容姿に自信がない。性体験もない。勇気を振り絞って告白したクラスメイトの男子には振られ、美大を卒業してからはニート。つまり職もない。ついでに肛門(こうもん)や睾丸(こうがん)には不幸なトラブル。
 そんなないないづくしの著者が依存したのは、俳優や韓流アイドルたち。大枚をはたいては写真を集めまくり、コンサートやファンミーティングに通い倒す。
 自己評価が低くコンプレックスにまみれ「こじらせ」る若い世代の書くあまたの文章の中で、本書が頭抜(ずぬ)けて光るのは、極端に走る熱い行動が面白いからだけでは決してない。卓越した自己分析から繰り出す残酷な客観化と滑稽化と、美しく切ない隠喩が絶妙のタイミングで交錯する、そんな華麗にして秀逸な文章そのものに心揺さぶられるからだ。
    ◇
 祥伝社・1404円

関連記事

ページトップへ戻る