書評・最新書評

謝るなら、いつでもおいで [著]川名壮志

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)

[掲載]2014年06月15日

[ジャンル]社会

表紙画像

■二重の立場、悩み揺れる記者

 本書の題材は、10年前に起きた「佐世保・小6同級生殺害事件」。被害者は、著者の上司である新聞社支局長の娘だった。本書は「衝撃の真実を追う」といった性格の本ではない。誰が誰を殺したかは、事件が発覚した当初からわかっている。一方で、その背景を説明しようとする言葉(例えば「心の闇」!)は、当事者たちが受けた衝撃に比して、あまりに軽い。図らずも事件に関わることになった記者たちはそこで懊悩(おうのう)する。
 通常、事件が起きると、記者たちは手さぐりで記事を書き始める。警察発表や関係者取材などの断片的な情報を頼りに、事のあらましを整理していく。そのうえで事件の「教訓」を模索し、旬を過ぎると、また次の事件を取材する。
 だが著者は、「取材する側」であると同時に「取材される側の身内」となったことで、自らの仕事の意味を問い直す。その姿を通じて、事件報道の役割とその限界があぶりだされる。
    ◇
 集英社・1620円

関連記事

ページトップへ戻る