書評・最新書評

本屋さんのダイアナ [著]柚木麻子

[評者]

[掲載]2014年06月22日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 「大穴」と書いてダイアナ。この名前のせいでいつも肩身の狭い思いでいるダイアナは、母と二人暮らしで本が大好き。優等生の彩子はどこか孤独なダイアナにひかれ、二人は無二の親友になる。しかし、中学生になる前にささいなことがきっかけで深い溝ができる。中、高と別の道を歩むが、ダイアナの父親捜しを軸に、離れていた道が再び交差して……。人は、周囲の押しつけや思い込みに縛られ、自分を解き放つことがなかなかできないもの。少女たちは、自分にかかっているそんな“呪い”を自分自身で解いていく。静かだがドラマチックな展開に心奪われる。『赤毛のアン』ほか物語に登場する少女小説も魅力的で、もう一度読みたくなる。
    ◇
 (新潮社・1404円)



関連記事

ページトップへ戻る