書評・最新書評

風 [著]青山七恵

[評者]

[掲載]2014年07月13日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 人と人との関係とは、風のようにつかみどころがないものかもしれない。日常の鋭い観察眼に定評がある著者の短編集。いずれも世界や他者とつながりたい(がうまくできない)思いを抱えた女性が主人公だ。
 「二人の場合」では、同期入社の実加と未紀の15年間の友情を描く。「互いの鏡」だった2人の間には、仕事や結婚、出産などの環境や価値観の変化を機に、いつしか埋めようのない隔たりが生まれていく。親友であるがゆえ、変わってしまった相手を前に増える沈黙、やがて同時に意識する友情の終わり。少しずつだが確かにずれていく関係性が緻密(ちみつ)に描写され、自分事のようにやるせなくなる。ほか2作と著者直筆の掌編を収録。
    ◇
 (河出書房新社・1512円)


関連記事

ページトップへ戻る