書評・最新書評

現代思想の時代——〈歴史の読み方〉を問う [著]大澤真幸・成田龍一

[評者]

[掲載]2014年07月13日

[ジャンル]社会

表紙画像

 昨年創刊40年を迎えた雑誌「現代思想」の歩みは日本の(一般名詞としての)「現代思想」とどう絡み合っているのか。社会学者と歴史学者が語り合った。創刊当時はマルクス主義を中核とする「戦後思想」の影響が色濃く残っていた時期だった。1980年代になると、ドゥルーズ、デリダ、ソシュールなど、いかにも「現代思想」らしい誌面になる。90年代後半以降になると、カルチュラル・スタディーズの影響が色濃くなり、「ストリート・カルチャー」「レズビアン/ゲイスタディーズ」などの特集が並ぶ。「近代」に対する社会学と歴史学の距離感の違いや、最近は西洋の思想家をまったく参照しない思想書が出ている、という大澤の指摘が興味深い。
    ◇
 (青土社・2376円)


関連記事

ページトップへ戻る