書評・最新書評

生きるためのサッカー [著]ネルソン松原

[評者]スポーツ

[掲載]2014年07月20日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

 ただ勝ち負けを競うためではなく、“生きるためのサッカー”を。サッカー留学生として1973年に札幌大に留学、その後88年に再来日し、川崎製鉄サッカー部ヘッドコーチなどを歴任、現在は神戸で市民にサッカーを指導する日系ブラジル人2世の著者が、サッカーとは何かを人生を振り返りながら語る。サンパウロの空き地でうまい大人に憧れてプレーを見ていた子ども時代。日本留学時に感じた「ただ走るサッカー」への戸惑い。うまい子は教えなくてもいい、うまくいかないからどうすればうまくいくかを考えて練習させるのが指導者だ、という信念。「生きるとはどういうことか」が熱のこもった取材・構成から浮かびあがり、心にしみる。
    ◇
 (サウダージ・ブックス・1944円)

関連記事

ページトップへ戻る