書評・最新書評

戦後知識人と民衆観 [著]赤澤史朗・北河賢三・黒川みどり

[評者]

[掲載]2014年08月10日

[ジャンル]社会

表紙画像

 戦後の「知識人」を、地域の文化運動のリーダーなどを含めて広くとらえ、その知性のあり方を考えた共同研究。桑原武夫、丸山眞男、藤田省三、鶴見俊輔らに加え、ビキニ環礁で被曝(ひばく)した第五福竜丸の乗組員・大石又七や、1950年代に総合雑誌で社会問題の「グラフ・キャンペーン」を続けた写真家・濱谷浩、山陰の農村女性の生活や意識を描いた学者・溝上泰子らを取り上げているのが注目される。「民衆への距離の意識」と「民衆に対する共感」を手がかりにその思想の特徴をつかもう……というわけだが、「民衆」とともに「知識人」という言葉も、誰を指すのか見えにくくなっているのが「戦後69年」の現在か、という思いを強くした。
    ◇
影書房・3780円

関連記事

ページトップへ戻る