書評・最新書評

地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国 [編]中国出土資料学会

[評者]本郷和人(東京大学教授・日本中世史)

[掲載]2014年08月10日

[ジャンル]歴史 社会

表紙画像

■古代発掘のロマンが味わえる

 古い時代の中国では、地中に冥界があり、人は死ぬと第二の生活を始めると観念されていたらしい。そのため、墓の中にはありとあらゆるもの——奴隷や牛馬の模型から日用品に至る——を副葬品として収めた。墓の主が読書人だったり、文書行政に携わる役人であると、多くの書物やレポートがそこに含まれた。
 現代中国ではそうした遺跡が次々に発掘されていて、そこで発見された文字情報(紙の発明前なので木・竹や絹布に書かれる)を復元・分析することにより、古代社会を解明する作業が進んでいる。
 本書は現役ばりばり、日本の学者47人が、新出土資料から何が分かってきたか、新出土資料はどこから来たかをまとめたもの。今まさに伸び盛りの学問だぞ!という感じが直(じか)に伝わってきて楽しい。
 かの国の「いけいけどんどん」に乗って大丈夫?といらぬ心配をしていると、末尾は辛口なコラムが締めてくれる。発掘のロマンと学究的興奮を同時に味わえる一冊。
    ◇
 東方選書・2160円

関連記事

ページトップへ戻る