書評・最新書評

インフォグラフィックで見る―138億年の歴史 [著]ヴァレンチナ・デフィリッポ、ジェイムズ・ボール

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)

[掲載]2014年08月24日

[ジャンル]歴史

表紙画像

■デザインと視覚表現の勝利

 まずは手にとって、中を見ていただきたい。新しい発見の連続で、楽しめること請け合いだ。
 インフォグラフィックとは、情報を一目で分かるように表現する技法、また、そうやって表現された絵や図などのこと。
 地図やグラフもその一種だが、この本には、さまざまな工夫を凝らして、宇宙の始まりから現代社会の特徴までを224ページのインフォグラフィックス(複数形)で表現しきろうという意欲的な試みが詰まっている。
 たとえば、古今東西の「帝国」を表現した図がある。横軸が存続した時間(年代)、縦軸が最盛期の面積。単純な試みだが、古代ペルシャからナチス・ドイツまでを同じ一枚の図に表現することで、大英帝国の異様な巨大さや、モンゴル以降グローバル化が進んだ様子など、今まで見えていなかった「統治」の一面が、浮かび上がってくる。
 百聞は一見に如(し)かず。デザインと視覚表現の勝利。
    ◇
 北川玲訳、創元社・2916円

関連記事

ページトップへ戻る