書評・最新書評

クイズ化するテレビ [著]黄菊英・長谷正人・太田省一

[評者]

[掲載]2014年08月31日

[ジャンル]社会

表紙画像

 著者の一人、黄は韓国からの留学生。日本の暮らしで戸惑ったのはテレビだ。クイズ番組だけでなく、CM前の「このあと何が起きるか」のテロップなど次々に質問を視聴者に投げかけるので、いちいち答えを考えてしまい、見ていてもくつろげないのだ。年に5本前後という韓国に対し、2010年の東京キー局5局では週に21本のクイズ番組が放送されていた。それだけでなく、結果を後回しにするスポーツニュース、情報番組の「めくりフリップ」、ランキング形式など、日本のテレビには至るところにクイズ性が遍在している。なぜ日本のテレビがこれだけ「クイズ化」しているのか。テレビを通した文化人類学。
    ◇
 青弓社・1728円

関連記事

ページトップへ戻る