書評・最新書評

人生は、楽しんだ者が勝ちだ―私の履歴書 [著]米沢富美子

[評者]

[掲載]2014年08月31日

[ジャンル]科学・生物

表紙画像

 幼少のころから「あの空の果てはどうなっているの」とまわりの大人に聞いて困らせていた少女は、長じて日本物理学会会長を務め、不規則系の理論研究の第一人者になる。学問も恋愛も子育てもと突き進んできた著者が半生をつづった。
 ほしいものを手に入れるためには、まるで超新星なみの爆発力を発揮するので、どんなに厚い壁でも、壁の方から崩れ落ちてしまう。猛烈な勉強家で根っからの理科系は母親ゆずりか。その勉強家も、夫を病で失ったときは「完全に死に体」になる。18年後の今も週に2、3回は夢に出てくる夫に会うために「床につくのが楽しみな毎日だ」と、堂々とのろけるところもすばらしい。
    ◇
 日本経済新聞出版社・1728円

関連記事

ページトップへ戻る