書評・最新書評

笹の舟で海をわたる [著]角田光代

[評者]

[掲載]2014年09月21日

[ジャンル]人文

表紙画像

 時代にあらがうことなく生きてきた64歳の左織。なぜか人生は思うように進まなかった。子供との関係はぎくしゃくし、時代に取り残されたような感覚におそわれる。幼い頃同じ場所へ疎開していた風美子との偶然の再会から40年余。不思議な縁で義妹となった風美子は、料理研究家として成功し華やかに暮らす。過度に親密な風美子と接するうちに、左織は疎開先でのうしろめたい記憶を思い出していく。
 著者は、戦中から平成までを生きた女の半生をていねいに紡ぎながら、人生の幸福や孤独、さみしさを浮き彫りにする。「因果応報ってあるのかしら」。積年の疑問に左織が見いだした答えが心をとらえて離さない。
    ◇
 毎日新聞社・1728円


関連記事

ページトップへ戻る