書評・最新書評

お勝手太平記 [著]金井美恵子

[評者]

[掲載]2014年10月19日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 59歳で「はじめて結婚」したアキコさんが、50年来の女友達たちに書いた約50通の書簡。病後の消息伺いかと思うと相手の昔の駆け落ちとその後、ちらしずし製作騒動に岩波少年文庫の『小公女』と脱線に次ぐ脱線。「手紙の吸血鬼」と化して小説や映画の話題もふんだんに、著者ならではのしんらつな観察、トリビアなネタを惜しげもなく披露してくれる。「よゆう通信」「中野勉」など、著者の「目白もの」に出てくるアイテムも登場し、アキコさんを感心させたりあきれさせたり。季節を巡る手紙により、書き手と受け手の人生のそれなりの起伏が浮かび上がるのだが、それが何なのか、と言わんばかりに「太平記」はあくまでシビアだ。
    ◇
文芸春秋・2160円

関連記事

ページトップへ戻る