書評・最新書評

誰が「知」を独占するのか [著]福井健策

[評者]

[掲載]2014年10月26日

[ジャンル]経済 IT・コンピューター 新書

表紙画像

 「過去の文書や映像・音楽などの作品を収集し、保存し、公開する場所」であるアーカイブは、今、爆発的に進行するデジタル化のなかで役割を拡大しており、少資源の日本では「知のインフラ」として社会と経済のゆくえを決定的に左右する存在になると、著者は予測する。そして、ネット検索で圧倒的シェアを占めるグーグルなどの「ひと握りの米国インターネット企業による情報帝国主義」とそれを危惧する欧州勢力とのはざまで、日本は取り残されていくのではないかとの警鐘を込める。
 爆発的なデジタル化に直面して、著作権をめぐる新たなルール作りや、国立のデジタルアーカイブセンターの設立などの提案も具体的だ。
    ◇
 集英社新書・821円

関連記事

ページトップへ戻る