書評・最新書評

波の音が消えるまで上下 [著]沢木耕太郎

[評者]

[掲載]2015年01月18日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 元サーファーでカメラマンの航平は、バリ島からの帰国途上、マカオでバカラをするうちに「久しぶりに熱くなることができるものを見つけられた」と感じる。謎の老人と出会い、その跡を追っていくうちに「バカラの心臓部」をつかんだような高揚感に酔い、まるで「道」を究めるようにしてのめり込んでいく。必勝法などありはしないことはわかっているし、それを追い求めて行く先に待っているのが「破滅」であることもわかっている。
 博打(ばくち)で永遠に勝ち続けることができるとしたら、それは神だけだろう。老人の遺(のこ)した言葉をてがかりに、果ての果てまで行った航平の見た景色を静かに味わいたい。
    ◇
 新潮社・上下各1728円

関連記事

ページトップへ戻る