書評・最新書評

会議の政治学2 [著]森田朗

[評者]

[掲載]2015年02月22日

[ジャンル]政治

表紙画像

 審議会ではどのように会議が進められているのか、どんなことが起きると審議が円滑に進まなくなるのかがよくわかる一冊。東大名誉教授で、国立社会保障・人口問題研究所所長の著者が、豊富な経験から、審議会という場を通して現れてくる「人間臭い政治的要素」を指摘して面白い。委員や座長や事務局の「顔」を立てたり潰したりする例を論じた〈「顔」の政治学〉の章では、「気遣い」が何よりも鍵になることが伝わってくる。議論のテクニックとして、言葉の定義を問う、あいまいさを積極的に使う、時間切れに持ち込む、といった戦術の紹介も。著者が体験した審議会エピソードの数々に驚かされる。最近の審議会改革についても触れている。
    ◇
慈学社出版・1944円

関連記事

ページトップへ戻る