書評・最新書評

人の心は読めるか? [著]ニコラス・エプリー

[評者]三浦しをん(作家)

[掲載]2015年03月15日

[ジャンル]人文

表紙画像

■「わかったつもり」に陥らない

 私たちはふだん、相手のことも自分のこともなんとなくわかったつもりで、会話したり生活したりしている。たまに誤解が発覚し、喧嘩(けんか)になる。「わかったつもり」の規模が大きくなれば、戦争や偏見や差別が生じかねない。
 たとえば、「年を取ると、身体的にも認知力にも衰えがくる」と、お年寄り自身も含め、多くのひとが「わかったつもり」になっている。だが、「老人を賢く思慮深い存在として敬う文化」がある地域では、お年寄りの認知機能を測るテストの結果がいいそうだ。つまり、安易な「わかったつもり」を取り除けば、萎縮することなく、各人が充分(じゅうぶん)に能力を発揮できる場合がある、ということだ。
 では、どうしたら「わかったつもり」に陥らず、相手と自分の感情や思考を、より正確に認識し、受け止めることができるのか。さまざまな実験や研究をもとに、本書はわかりやすくコツを教えてくれる。著者の優しさと誠実な姿勢がにじみ、実用的かつ胸に迫る内容だ。
    ◇
 波多野理彩子訳、早川書房・1944円

関連記事

ページトップへ戻る