書評・最新書評

無人暗殺機ドローンの誕生 [著]リチャード・ウィッテル

[評者]

[掲載]2015年04月12日

[ジャンル]政治 社会

表紙画像

 革命的に新しい発明・技術は、初めは無視され、時には邪魔されるものだが、有用性がひとたび認知されれば歴史を変える。イスラエル出身の天才技術者の発想になる無人機「プレデター」も例外ではない。当初、軍は重視しなかったがボスニア紛争を皮切りにCIAと協力し、アフガンではテロ組織を空から偵察。やがてミサイル搭載可能に改良して「地球の裏側から」操縦・砲撃する。多くの才能が結集し、新しい技術が戦争の形、軍事の構造を根本から変える。これは成功物語なのだが、読んで、すがすがしい感動は持てない。モニターの向こうで実際に人間が死ぬ。それって戦争なのか。やりきれないが、読ませるノンフィクション。
    ◇
 赤根洋子訳、文芸春秋・2160円


関連記事

ページトップへ戻る