書評・最新書評

あしたのこころだ 小沢昭一的風景を巡る [著] 三田完

[評者]

[掲載]2015年05月17日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

 俳優、放浪芸の研究者、俳人など、いくつもの顔を持っていた小沢昭一さん(1929〜2012)。ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の台本作者だった著者が、その人物像や芸の秘密を探った。NHKに勤めていた1982年、「憧れのひと」小沢さんに会い、「怖い方だ」と感じる。仕事を重ねるうちに「一捻(ひとひね)りしたオトナのやり口。意図しなかったように見えて、じつは入念にはかった筋書」が「小沢好み」だと気づく。そして「素顔を匿(かく)すことに尋常ならざる努力を傾けておられたように思う」という。少年時代を過ごした蒲田、新劇に進むきっかけがあった亀戸、菩提(ぼだい)寺のある向島などを訪ね、小沢さんの、わかりにくさがゆえの魅力に迫る。
    ◇
文芸春秋・1728円

関連記事

ページトップへ戻る