書評・最新書評

牛と土 福島、3・11その後。 [著] 眞並恭介

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)

[掲載]2015年05月17日

[ジャンル]社会

表紙画像

■巨大な矛盾に対峙する牛飼い

 食べられない肉牛、売れない乳を出す乳牛に、経済的価値はない。しかしそれでも、牛は生きている。原発事故が起き、政府に安楽死させるよういわれたからといって、大切に飼ってきた牛を無駄に殺せない。そう感じた牛飼いたちは、「なんとしても、被曝(ひばく)した牛が生きていく理由、生きていく意味を見いださなければならない」と考える。生き物について長年考えてきた著者も一緒に考えつづける。殺処分の現場、餓死や野生化の様子、牛とともに動き変化する土壌を見つめ、研究のため、除染のため、農地の除草、里山の荒廃防止と、牛を生かす道を見いだしていく。
 いずれ殺して肉にするはずだった牛だ、結局みんな人間のためではないか、そういうこともできるだろう。しかし牛はモノじゃない。恐れ、泣き、愛し、信頼する、やっぱり家族だと福島の牛飼いは感じるのだ。率直なことばが、巨大な矛盾に対峙(たいじ)する。家畜とは、農業とは、人間とはなんなのだろうと思う。
    ◇
 集英社・1620円

関連記事

ページトップへ戻る