書評・最新書評

ラストワルツ [著] 村上龍

[評者]

[掲載]2015年05月24日

[ジャンル]文芸 ノンフィクション・評伝

表紙画像

 30年以上続くエッセーシリーズ「すべての男は消耗品である。」の最新刊は、バブルの80年代を懐かしみ(ただし「あの時代がよかった」とは言っていない)、夢を持てない現代の若者に贈る言葉を探し、自らに迫り来る「老い」について語る。「新しい音楽をほとんど聞かなくなった」「わたしも歳(とし)を取ったなと思う」。鮮烈なデビュー以来、疾走し続けてきた(かにみえる)作家から漏れる言葉は本当に「老い」なのか。いや、諦念(ていねん)のようにも聞こえるが。
 「日本のどこを探しても希望のかけらもない」。それでも「解がない時代」に「『ニヒリズム』だけは避けようと思う」と書く。それが、かすかな「希望」となっている。
    ◇
 KKベストセラーズ・1404円


関連記事

ページトップへ戻る