書評・最新書評

境界を越えて [著]C・L・R・ジェームズ

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)

[掲載]2015年06月07日

[ジャンル]文芸 人文 ノンフィクション・評伝

表紙画像

■クリケットで語る植民地の精神

 『ブラック・ジャコバン——トゥサン=ルヴェルチュールとハイチ革命』の著者として知られるジェームズの故郷は、カリブ海のイギリス植民地、西インド諸島のトリニダード島。家の窓からはクリケット場が見えた。行商人から買う雑誌や母の本で英文学とクリケット批評に親しみ、学校で古典と英国式規範を教えこまれた黒人少年は、やがて英国を理想とする植民地的価値観に反発、カリブ海の現実を書き始める。文学、歴史、そしてクリケットについて。
 1963年の刊行以来読みつがれてきた本書は、著者の半生、植民地社会の精神構造、教育、人種階級、経済、芸術を、クリケット論として語る。選手ら人物の細かな描写は、英文学の引用を多用しながらも、ユーモアと反骨心に貫かれ、まさにカリブ海文学。クリケットおよびジェームズについては巻末の競技概要、さらにポール・ビュール『革命の芸術家——C・L・R・ジェームズの肖像』も参考になる。
    ◇
 本橋哲也訳、月曜社・3240円

関連記事

ページトップへ戻る