書評・最新書評

人類五〇万年の闘い—マラリア全史 [著]ソニア・シャー

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)

[掲載]2015年06月21日

[ジャンル]社会

表紙画像

■年3億人感染、問題は貧困

 抜群の適応力でマラリア原虫はつねに人類を出し抜く。七変化して薬やワクチンをすりぬけ、蚊の唾液(だえき)からヒトの赤血球へ。推定感染者は年3億人、死者百万人。
 マラリアは民族地図を塗り替え帝国を支配し戦争を左右した。人類が中央アフリカで農耕を始めると、水たまりと人口が増え原虫が激増。蚊に慣れ免疫をつけた農耕民は領域を拡大、狩猟採集民は砂漠や密林の奥へ。ヨーロッパ低湿地にも原虫は蔓延(まんえん)、ローマの熱病は「悪い空気(マラリア)」ゆえといわれた。白人はアメリカ大陸に原虫を持ちこみ、豊かな湿原は悪夢の「瘴気(しょうき)」地帯に。熱帯の熱病に関する誤解は人種差別を増長させ、差別的対策が感染を拡大した。
 現在の問題は貧困だ。対策も治療も金がかかる。闇市場に出回る薄められた治療薬や防虫剤では原虫も蚊も死なず逆に耐性をつけて、ぷいーんと戻ってきてしまう。人類の歴史をマラリアとの闘争史として語り直すヴィジョンは、顕微鏡的にして壮大。
    ◇
 夏野徹也訳、太田出版・2592円

関連記事

ページトップへ戻る