書評・最新書評

検証 日本の「失われた20年」 [編著] 船橋洋一

[評者]

[掲載]2015年07月05日

[ジャンル]経済 社会

表紙画像

 バブル崩壊後の20余年、日本はなぜ停滞から抜け出せなかったのか。どんな構造が原因で、決定的な分岐点はいつだったのか。金融・財政や政治だけでなく、人口や教育、原発政策、歴史認識、理念・価値観など15のテーマを軸に、元外交官から企業再生のプロまで国内外の専門家が分析。多彩な論考が互いを参照し合い、響きあう。
 この四半世紀を鳥瞰(ちょうかん)する現代史の生きた教科書は、「日本化」という言葉で日本と同様の轍(てつ)を踏まぬよう警戒している欧米にとっての教訓にもなるだろう。同時に、どこに失敗の本質があったのかを多面的に分析して得られる知恵は、様々な組織改革に直面するあらゆる読者にとって活力源になるはずだ。
    ◇
東洋経済新報社・3024円

関連記事

ページトップへ戻る