書評・最新書評

抱く女 [著]桐野夏生

[評者]

[掲載]2015年08月09日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 1972年2月、浅間山荘事件以降、学生運動は泥沼化し、吹き荒れた「政治の嵐」の残滓(ざんし)は「ノンポリ」と呼ばれる学生にも傷痕を残している。その年の9月から12月を、20歳の女子学生直子はどう生きたか。意味もなく雀荘(じゃんそう)に通い、タバコを吹かし、ジャズ喫茶でバイトする。危うい恋愛に人生をかけ、家を捨てる。いや、もっと大事な何かをも、捨てたのではないか。
 まるでノンフィクションのようなリアルさで迫ってくるが、同時に、「これはもう歴史なのだ」との感慨も襲ってくる。
 「自分は、何でこんなどうしようもない時代に生きているんだろう」と直子は思う。その時代が丸ごとよみがえってくる。
    ◇
 新潮社・1620円

関連記事

ページトップへ戻る