書評・最新書評

「居場所」のない男、「時間」がない女 [著]水無田気流

[評者]

[掲載]2015年08月23日

[ジャンル]政治 人文 社会

表紙画像

 就労以外の人生の選択肢が乏しく自殺のリスクも高い「関係貧困」の男性たち。女性たちは、家事や育児を含む総労働時間が男性よりも長いが睡眠時間は短い「時間貧困」を抱える。気鋭の社会学者が、主にサラリーマン家庭の抱える貧困問題を分析し、幸福になるための方法論を提唱する。
 政府が掲げる「女性活躍推進」はいわば「日本女性超人化計画」、2012年に勃発した「ベビーカー論争」を引き「誰もが寛容であるべきとの前提に立ち、その実、不寛容が蔓延(まんえん)している」……。豊富なデータに基づく指摘は鋭く、共働きで育児に奮闘する著者自身が時間に追われる姿(産休は「実質3日」)からも切実さが伝わってくる。
    ◇
 日本経済新聞出版社・1404円



関連記事

ページトップへ戻る