書評・最新書評

いないも同然だった男 [著]パトリス・ルコント

[評者]

[掲載]2015年09月06日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 地味で平凡、誰にも嫌われず、でも好かれない。そんな男が恋をした。
 あこがれの美女の気を引くために、男は奇策に打って出る。泳いで英仏海峡を渡ってみせれば、彼女もあっと言うだろう。
 ばかばかしくて、非現実的な物語だ。でも、読者は気づくだろう。男の途方もない挑戦が、世の孤独な人々が歯をくいしばって歩む人生と重なることに。泳ぎながら男が流す涙が、誰もが感じたことのある、社会の理不尽さへの怒りと似ていることに。
 著者は「仕立て屋の恋」「髪結いの亭主」で知られるフランスの映画監督。まさに映画のシーンのように印象的な最後の場面は、やさしく、そしてほろ苦い。
    ◇
桑原隆行訳、春風社・1944円

関連記事

ページトップへ戻る