書評・最新書評

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇 [著]三宅隆太

[評者]三浦しをん(作家)

[掲載]2015年09月06日

[ジャンル]アート・ファッション・芸能

表紙画像

■ひとの心と向き合う指標に

 スクリプトドクターは、映画やドラマの脚本が行き詰まったとき、主にプロデューサーから依頼を受けて、問題点を客観的に分析し、助言やサポートをする。つまり、「体調不良に陥った脚本を治療するお医者さん」だ。
 本書を読んで、「ここまで作り手の気持ちに寄り添い、的確な指摘をし、作品をより良い方向へ導こうと全力を尽くしてくれるひとがいるのか!」と驚き、感動した。それもそのはず、著者の三宅氏は多数の作品を手がけてきた脚本家・映画監督であり、心理カウンセラーの資格まで取得ずみ。「生みの苦しみ」を知るゆえに、スクリプトドクターとして仕事をするときにも、実作者の迷いや悩みを深く感受し、具体的な解決策を提示することができるのだろう。
 本書は、スクリプトドクターという珍しい職業を紹介すると同時に、脚本の書きかた、読みかたについて、かなり詳細かつ実践的に指南してくれる。「はじめに」で、脚本家志望者が書きがちな作品を四つのタイプに分類しているのだが、たしかに私もそのうち二つを、小説で、プロになってから、書いたことある! 的確すぎる分析に爆笑かつ背筋が凍った。
 脚本とは、映画やドラマを作る人々の思いや人間模様が反映した、複雑で奥深いものなのだ。まるで、ひとの心そのもののように。そして、その脚本を「治療」する三宅氏の姿勢は、きわめて慎重で繊細だ。だれかの心を解きほぐすには、じっくりと話に耳を傾ける必要があるのと同じように。
 本書は、実は脚本ではなく、ひとの心について語っているのだとも言える。「物語」に関連する職業のひとに限らず、人間関係とはなんなのか、考えたり悩んだりしたことがあるひとは必読だ。実生活で他者や自己の心と向きあう際にも、重要な指標となる内容だからだ。嗚呼(ああ)、私もドクターに往診を頼みたい!
    ◇
 新書館・2160円/みやけ・りゅうた 72年生まれ。脚本家、映画監督。映画『クロユリ団地』の共同脚本など。

関連記事

ページトップへ戻る