書評・最新書評

朝顔の日 [著]高橋弘希

[評者]

[掲載]2015年09月13日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 肺を病んで入院した妻を見舞う夫。医者から、身体だけでなく咽(のど)も「安静に」と言われ、若い夫婦の会話は絵画帳での筆談になった。胸郭成形手術を勧められた妻は、ある日、夫を散歩に誘い出し、そっと絵画帳に書く。手術を受けたら「その日に死んでしまふ気がするのです」。昭和16年12月8日の出来事も挟み込まれるが、戦争の足音は遠く、物語は静かに進む。しかし、背景に退いたはずの戦争がときおり、牙をむく。同時に、夫婦の会話は静かに密度を増していく。抗(あらが)いがたいものに意思を持って抗しているわけではない。しかし、流されているわけでもない。そんな日常の生活が描かれている。そこにこそ人生の真実がある、とでもいうように。
    ◇
 新潮社・1512円

関連記事

ページトップへ戻る