書評・最新書評

Yの木 [著]辻原登

[評者]

[掲載]2015年09月27日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 「たそがれ」「首飾り」「シンビン」の3短編と、中編の表題作を収録。犬を散歩させる道で、「Y」の字のように二股に分かれた木を見つけてから、「彼」の思念はこの木を離れない。「彼」は和歌山県南部に生まれた団塊の世代で、ひそかに小説家を目指し、遅いデビューを果たすのだが、後が続かない。実在の人物である大瀬東二の作品とカミュ、小島信夫の作品の関係などが語られ、『羊をめぐる冒険』に「やれやれ」と小さなため息をつく。大瀬との付き合いと自殺、妻の急死、自身の文学の不如意などもろもろが、連続する「Y」の字を行きつ戻りつするように織り出されて、「Y」の木の下で喜劇的瞬間を迎える。妙な現実味が怪しい。
    ◇
文芸春秋・1404円

関連記事

ページトップへ戻る