書評・最新書評

水曜日のアニメが待ち遠しい [著]トリスタン・ブルネ

[評者]荻上チキ(「シノドス」編集長・評論家)

[掲載]2015年10月25日

[ジャンル]人文 国際

表紙画像

■日本アニメ、仏文化にマッチ

 フランス生まれの著者は、幼少期から日本のアニメ文化に触れながら育った。フランスではこれは決して珍しいことではない。1970年代、テレビ局は国営放送しかなく、その局が日本アニメを連続して流していたため、その視聴が多くの子どもたちの原体験となった。民放ができてからも、各局の競争の中で、日本のアニメが児童向けプログラムとして好まれた。それは日本アニメが格安で放映できたということもあるし、いくつかの作品がフランス文化にマッチしたということもある。
 2014年、フランス国内での日本漫画の売り上げは、漫画全体の売り上げの約3割。日本のサブカルチャーは、この間どのように受容されてきたのか。本書は、ビジネス構造、物語構造、社会状況など、多角的な目線からそれを解説していく。大上段に構えた論調ではなく、あくまでいちオタクとしての語りが心地よい。注釈も丁寧で、サブカルチャーを通じた優れたフランス文化史にもなっている。
    ◇
 誠文堂新光社・1620円

関連記事

ページトップへ戻る